好きな人とやれたら損も失敗もないさ

直接お話もちらっとしましたが、また書いておこうと思う。

昨夜、我らのお仕事のパートナーからの電話。そして、その電話を置くと、携帯にメールが入っていて、差出人は仕事で知り合って以来、10年来連絡をとっている大切な人。

このお二人の、お仕事に対する真摯な思いを感じ取れる場所にいる(いたことのある)わたしへ来た電話・メールの内容は、奇しくも、仕事で関わる人間に対する苦しみがこもったものでした。

そんなつらい思いをする相手と仕事するのはもうやめましょうよ。

なんて明るく言ってみたものの、そうはできない理由を、抱えてるんですよね。

何も役に立てないわたし。言葉でのはげましやなぐさめよりも、「この仕事しててよかった!」「この人と組めてよかった!」「この人のために仕事ができてよかった!」

そういう実感があればいちばんいいんです。

で、ひらめきました。

「わたしが仕事したいと思っている人と楽しく仕事ができる仕事をつくる!」

ヒントは、映画やアニメのパイロット版。

楽しさで循環する場所。

ということで、いっしょに考えたり作ったりするのをよろしくお願いします。

また、外の男性にばかり優しい言葉をかけて、t2oさんにはいつも厳しく対応している日常をちょっと反省しました。ごめんなさい。